河川愛護のボランティア
当医院の南側を流れる1級河川 《荒町川》
河川愛護のボランティアを通じて地域との交流を図っております。

荒町川を愛する会の目的
人間や、あらゆる生物の為に荒町川の貴重な自然や大切な資源をよりよい環境にする為に、皆で考え、皆で行動することを目的としています。

【主な活動内容】
春  環境美化活動
夏  荒町川フェスティバル
秋  環境美化活動
荒町川を愛する会の歴史
昭和31年 7月
大水害。昭和42年・46年等、毎年のように水害が発生する暴れ川であった。
昭和45年 6月
流域代表者が請願者を提出。
昭和47年より
河川の局部改修が行われる。
昭和48年
上流に砂防ダム完成。
8月
上山市土木課で荒町川改修計画に対する関係地区会長との打合せ。
11月
荒町川改修研究会、上山市へ計画変更の要望書提出。
昭和52年 7月
水害(二日町の一部溢水)最大時間降水量(54.5o/h)
昭和54年 6月
地権者5名で「荒町川を考える会」を結成。上山市・山形県へ要望書提出。
昭和55年 9月
「荒町川を考える会」署名運動を行い、上山市へ提出(1027名)
(荒町・新湯・二日町・西山・沢丁地区住民)
12月
「荒町川を考える会」上山市・山形県へ請願書を提出。請願書採択。
昭和57年 1月
観光・健康増進に活用したいとの要望書提出。
平成 2年11月
「荒町川を考える会」早期完成の要望書提出。
平成 3年
「多自然型川づくり」に取り上げられる。
平成 4年 1月
沢丁・二日町・松山地区子供会が山形県・上山市へ要望書提出。
4月
栗川橋完成。
7月
「第1回荒町川フェスティバル92」の開催。
平成 5年 4月・5月・11月
環境美化作業の実施。
9月
「第2回荒町川フェスティバル93」の開催。
平成 6年 4月
環境美化作業の実施。
5月
「荒町川を考える会」を発展的に解消し、「荒町川を愛する会」を
沢丁・二日町・松山の3地区会及び老人クラブ・子供会で結成する。
平成 6年 8月
「第3回荒町川フェスティバル94」の開催。
平成 7年 5月・11月
環境美化作業の実施。
8月
「第4回荒町川フェスティバル」の開催。
11月
「上山市環境シンポジウム」参加(パネル・写真展示)
平成 8年 2月
「荒町川管理道路工事に関する件」請願書提出。
6月・11月
環境美化作業の実施。
8月
「第5回荒町川フェスティバル」の開催。
平成 9年 5月・10月
環境美化作業の実施。
9月
「第6回荒町川フェスティバル」の開催。
10月
「全国多自然型河川改修担当者会議」山形市で行われる。
都市型河川モデルとして会議出席者視察(約100名)
パネル設置及び「川の流れる町」配布。
平成10年 5月・9月
環境美化作業の実施。
9月
「第6回荒町川フェスティバル」の開催。 環境美化作業の実施。
「山形県環境美化活動支援事業」より助成。
(東南村山地域美しい山形環境美化推進協議会)
平成 11年 3月
「荒町川を愛する会」総会において「新湯通り振興会」加入。
5月・9月
環境美化作業の実施。
8月
「第8回荒町川フェスティバル」の開催。
平成 12年 5月
「荒町川を愛する会」総会において「新湯地区会」加入。
5月・10月
環境美化作業の実施。
8月
「第9回荒町川フェスティバル」の開催。
12月
岩手県北上市「鬼柳の川を考える会」9名視察・交歓会。
平成13年 5月・10月
環境美化作業の実施。
8月
現地案内視察・役員会及び懇談会の開催。
「第10回荒町川フェスティバル」の開催。
平成 14年 5月
社団法人日本河川協会「平成14年度河川功労者」全国表彰。
環境美化作業の実施。
7月
「河川功労者」全国表彰報告会
8月
「第11回荒町川フェスティバル」
10月
環境美化作業。
上へ戻る